--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/26/2008    Dive妄想


こんばんわんつーちひろですけどもー




まっっっっっっっっっっっったく書く事無いんですよね。
だから管理ページ開いてから早30分経ってます←


書く事無さすぎて最近更新率低いとか内緒の方向で(爆爆




だからバトンしますー。とか当たり前に
思っていただいて結構ですよ、はい。え




関ジャニ∞スクールバトン



1、登校中、にあなたは最近気になる人に出会いました。
それは誰?

a、挨拶すると目の周りをごしごししつつ「うん」と答えてくれる先輩。
掴めないけど、めっちゃ可愛いくて目が離せない渋谷すばる

b、「おはよー!」後輩なのにタメ口…でも許す!
「ん?どうしたん?」のぞきこんできた顔が朝日よりまぶしい内博貴

c、「おはよ」最近、仲良くなってきたクラスメイト。
「今日、日直やんな。…俺とでごめん」そういう所ツボです錦戸亮

d、「おはようっ」朝からめっちゃハイテンションな同級生。
「元気なのは君に会えたから☆」冗談?それとも本気?丸山隆平

e、「おはようvあ、髪切った?」クラスで一番話しやすい男子。
「そういう髪型も似合うなぁ」私がときめいてるのわかってる?安田章大

f、「おはよーございます」のんびりしてる後輩。
「先輩、背ちぢみました?」でもなんか馬鹿にされてるような?大倉忠義

g、「おはようさん!今日は遅刻せんかったな」子ども扱いしてくる先輩。
遅刻したのは一回だけ!と怒ると「そうやっけ?」ガハハと笑う村上信五

h、挨拶すると「おー」の返事。寝癖とはみ出したシャツはいつもの事?
相変わらず行事の時の格好よさと普段の差が激しい先輩、横山裕




選択肢多すぎるっ!!!!!!!!!!!!!
どうしよーうーん、2こやるー。


まずはくらりん(・∀・)


「あ。」
「あー先輩おはようございますぅ」
「おはようー」
「あれ?」
「何?」
「先輩・・・・・・・」
「え、何!!!!??」
「身長縮みましたっ?(ニコ」



あは、うざーい(^ω^)コラ




むらかみん


「おーちひろ!おはようさん!」
「おはようございますー」
「今日は遅刻やないんやな。笑」
「いやーあれは!!!!!!!!!!てかまだ遅刻1回だけですって!!!」
「そうやっけ?笑」




実際この前遅刻しました←

あの日以外遅刻したこと無いと思ってたけど
友達に「1年生のときも遅刻してたよ!」ってツッコまれましたわ。


2、授業中にふと顔をあげたあなた。目についたのは?
a、窓の外。3年生は体育でサッカーをしている様子。
ガッツむき出し。ゴールした後の無防備な笑顔が可愛い!村上先輩

b、扉の向こう。授業中やんね?のんきに手をふってる場合ちゃう!
飴をくわえて廊下から笑顔をむける。サボリ中です?大倉忠義



あわわわわわわわわ←

最強コンビ選択とかムズカシー!!!!!


え、うーんうーんうーん・・・・・

た、たっちょん!!!!!!!


あーうーあーこれ妄想出来ませんー。
脳内想像だけでお腹いっぱいですけんど♭



3、教室移動中。次の授業につかう資料を運んでいるあなた。
つまづきそうになりそれをばら撒いちゃった!そこに通りかかったのは?

a、「大丈夫?」一生懸命に資料を集めてそのまま全部運んでくれる彼。
「女の子ねんから無理たらあかん!な?」かなり照れます安田君

b、「あー何やっとんねん」もしかして馬鹿にしてる?
でも集まった資料を奪い「で、どこ持って行ったらいいの?」横山先輩




あーよこちゃん素敵っす(*゚∀゚*)>



「うわああああ!!!!!!」

ばらばらばらーっ

「あーあ。何やってんねんて。」
「あ、横山先輩。」
「コケそうになった瞬間の顔ゴリラやで。笑」
「やだー村上先輩と一緒にしないで下さいよ」コラ
「残念やな。笑  で、これどこ持ってくん?」
「2階の資料室です。」
「うわ遠っ」
「あ、良いですよ!あたし運びますよ!」
「えーねんえーねん。」



うふ(^ω^)キモ
よこちゃん好きよー!!!!!!!



4、お昼時間です。
食券を買おうと自動販売機の前にいたあなたの隣にいたのは?

a、バン!と勝手にボタンを押してあなたの困惑顔に爆笑している彼。
「ゴメンゴメン!ほらお前のいつものと替えたるし」いたずら笑顔の錦戸君

b「あっ」間違って押してしまったご様子。そんなしょんぼりしなくても…
「私のと交換する?」と言うとめっちゃ嬉しそうに「先輩、大好き!」内君




あはーんニシキドーン!!!!!誰



「・・・・・・・・」
「ゴメンて!笑 それ俺食うわ」
「じゃああたし何食えばいいの?」
「お前がいつも食うやつ買うたるし」
「マジで!ありがとう。」
「よし、食券買った!」
「あ!!!亮ちゃん食べるほう高いじゃん!あー安く済ませようとしただろ!」
「買ってしまったモンはしゃーない」


亮ちゃんズルーい★キモ



5、休み中時間。なんかおかしいと思ってたけどもしかして風邪?
少しだけベットで休もうとしてると保健室に入ってきたのは?

a、「どうしたん?サボり?僕もー」あなたのベットに入ろうとしてきます。
「冗談や~ん」と笑いつつ「ほんまに…あかん?」とマジ顔ブラック丸山君

b、「風邪?熱は?」おでこにおでこをあてて…って余計に熱が上がる!
「俺の手冷たいで」両手であなたのほっぺたをピタって触って…渋谷先輩





えーどうしよー!!!!!!!!!!!迷うー、うーんまるるん!!!


「あれ、ちひろやんっ」
「おーマルちゃん・・・・」
「どしたん、サボリ?俺もー」
「ちょっとアンタと一緒にしないでよー!」
「えっ具合悪いん!!!!??」
「あたしにもそんな日くらいあるよー」
「ホンマ!?大丈夫!?」
「うん、うーん。とりあえずマルちゃん声のトーン下げて・・・」



マルちゃん「大丈夫!?」って声がデカそうよね~。ぶ



6、全然ゆっくり寝られないので教室に戻ると友達が騒いでます。
文化祭の時の写真が出来たみたい。あなたが一番覚えてるのは?

a、女の子が殺到して大変でした。
スーツ姿でサービスしまくり丸山君・亮君のいたホスト「2-B」
b、横山先輩の女装が綺麗過ぎ!村上先輩ハマり過ぎ!
笑いもとりつつマジ演劇、横山先輩・村上先輩の「美女と野獣」
c、男前衣装はもちろん、女装からコスプレまでv
くぎづけです大倉君・内君がモデル参加してたファッションショー。
d、ほんまに泣くかと思った。
渋谷先輩と安田君がギターとハモりだけで聴かせた野外ライブ。




こーれーはレコメンコンビやろっ♭



「ちょ、お前ホンマゴリラやん!!」
「ええやんけ!!俺野獣役やもん!!」
「いや野獣やないで!ゴリラやで!」
「うっさいわ!お前かて美女やろ!もっとおしとやかやろ!」
「ええねんて!実際美女と野獣のベルがおしとやかとは限らへん!」
「ンンン、、、2人に曲が聞こえてきました」(ナレーター(爆
「あれ、ここで何するんや?」
「あれや、踊るねんて」
「え、ちょステップ・・・・・おまっ、お前ドレスの裾踏むなてー!!!!」
「えっえっ!?」




2人で舞台からころげ落ちちゃうのね。あ



あー毎公演爆笑だね、こりゃ。



7、さて午後の授業も終って放課後です。帰り際に出会ったのは?
a、図書室のそばで声をかけられました。眼鏡姿の受験生です。
応援の言葉に「うるさいわ」とデコピン。「でも元気出たで」村上先輩

b、音楽室からギターの音。すごく気持ちよさそうに演奏中。
あなたに気付くとそのまま静かににこり。安田君

c、体育館の脇。練習中の顔がめっちゃ真剣のバスケ部のエース。
「お前が見に来てくれたら絶対勝てるんやけどなぁ」ふざけ顔?横山先輩

d、裏庭のイチョウの木の下。ぼーとその木を見つめている彼。
「見られてしまったvけど君ならいいや」大人びた表情でハニカむ丸山君



えーうーん、陸上部の内くんは駄目ですか。笑



「ちひろー!」
「うっちゃん!!!部活は?」
「今からやで~」
「おお、頑張れー♭」
「俺の勇姿見てってっや~」
「え~」
「カッコイイで★」
「自分で言うなよ!」
「だって俺カッコイイもん」


語尾に"もん"ついちゃえば何でもいいや←


8、学校を出て校門の前。そこで出逢ったのは誰?
a、「さ、じゃあ帰りましょ」と、当然みたいに言う彼。
呆然とするあなたの腕を掴んで「先輩も一緒に帰りたいくせにv」大倉君

b、校門に持たれてぼーと空を見ている彼。待ってくれてたんですか?
「待ってないって。いや、うそ。待ってた」目をそらしつつ渋谷先輩

c、「何?もう帰るの?」「ほんまに帰るの?」と何度も聞いてくる彼。
「ちゃうやんけ。俺を置いて、一人で帰るのかって聞いてんの!」錦戸君

d、「あー、先輩!めっちゃ待ってんで」1時間以上も私の事を?
「どうしても先輩と帰りたくて」その笑顔におもわず抱きしめたくなる内君



うーうーうー、すばくら!




まず大倉さん。


「あ、先輩~。さ、帰りましょ」
「え?」
「ほら、一緒帰りましょ、って」
「約束してたっけ、?」
「本当は先輩も一緒に帰りたいくせにー★」
「えええええええ!」
「、、俺と帰りたくないん?」
「いや、そんなことない。」
「やろー?」



腹黒いよね、若干←




すばりん!!!


「、すばる先輩?」
「お、おう」
「もしかして、待っててくれたんですか?」
「待ってない・・・・・・・いや、うん、待ってた」
「あ、ありがとうございます、」
「たまたまやで、ホンマ。ね、うん、ね!」


焦るすばちゃん 可 愛 い !!!


9、やっと帰り道。本日ももう終り…と思ったあなたに一通のメールが。
「今すぐ∞公園に来て。言いたい事がある」あなたを待っていたのは?

a、ブランコに座っている彼。あなたが近づくとその手をとって一言。
「これ、どうやったら俺のものになる?」じっと目を見つめて渋谷先輩

b、「先輩、俺とつき合って下さい」背筋をぴっと伸ばしてはっきりと。
「俺、先輩につり合うようないい男になるから」もう十分やで内君

c、「や、わからん。好きやと思う。お前の事ばっかり考えてるし」
一生懸命なあなたが愛しいです「ちょ、お前笑うなや!」錦戸君

d、「君がどうしても必要やなぁと思って」後ろから抱きしめながら。
「お願い。でないと僕、笑ってられへん」腕の力を強めつつ丸山君

e、「歌がいくらでも出来てしまうねん。お前の事思うと」真剣な顔。
あなたをなでなでしながら「好きやな、思って。めっちゃ」安田君

f、「俺ってそんなに頼りないですか?」ほんまは全然余裕なんかない。
「どうやったら先輩にとって一人の男になれるの?」真面目顔、大倉君

g、「あかんわぁ、お前の事なやっぱり好きや」ゆるやかな笑顔。
「急やった?そやなぁ、我慢できひんようになってもたからな」村上先輩

h、「こっちおいで」手招きする先輩。「ちゃうちゃう、もっと近く」
いきなり抱きしめられたかと思うと一言「俺と付き合お?」横山先輩





りょーちゃん!!!




「ごめん待った?」
「いや、大丈夫やで」
「んで話って?」
「ちゃんと聞いてな!」
「うん。」
「俺、お前のこと、好きや・・・・・・・・・・と思う。」
「・・・・ん?」
「いやっあのっ多分好き、やねん。うーん分からん!」
「なんだそれっ」
「やってお前のことばっか考えとるし」
「・・・・・・・・・笑」
「ちょ、笑うなて!」



あはーん(*´∀`*)ステキだ亮ちゃん!










うし、終了ー!!!!!!!!!!


はい、さよならー!





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://infinity8eight.blog73.fc2.com/tb.php/361-2fda9943
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。